●防衛省生協とは?

One for all, All for one! 一人は皆のために、皆は一人のために

 防衛省生協とは「防衛省職員生活協同組合」の略称で、協同互助の精神により国及び共済組合が行う福利厚生施策を補完し、組合員の生活の文化的経済的改善向上を図る目的で、昭和38年3月に消費生活協同組合法に基づき設立された「隊員を組合員とする、隊員による隊員のための生活協同組合」です。

 いま自衛隊の任務は、頻発する大規模災害や複雑で不安定な国際情勢を背景に拡大し、活動の範囲も広く海外にまで及んでいます。隊員の皆さんが後顧の憂いなくその大きな職務に邁進するためには、家族の方々共々、不測の事態に備えた保障と、また、一線を退いた後の生活を設計するための安心のできるライフプランが欠かせません。防衛省生協は、隊員の皆さんの「安心の基盤となる保障」を提供することを目的に設立された生活協同組合です。