ライフステージ別加入のおすすめ

退職される方へ

保障を準備する際のポイント

退職金を活用して退職後の死亡・入院保障を準備!退職金を活用して退職後の死亡・入院保障を準備!

53歳以上で退職される時点で2年以上、生命・医療共済を利用している方は、85歳まで入院・死亡・重度障害を保障する「退職者生命・医療共済」に健康告知無しで加入できます。

大切な我が家と家財の保障を準備!大切な我が家と家財の保障を準備!

手ごろな掛金で厚い保障の防衛省生協の「火災・災害共済」を利用しましょう。

本人の保障に加えて配偶者の死亡・入院保障も準備!本人の保障に加えて配偶者の死亡・入院保障も準備!

防衛省生協の「退職者生命・医療共済」を利用して配偶者の保障も準備しましょう。
不幸にして契約者が死亡された場合でも、契約者の満期日まで配偶者の保障は継続されます。

いざという時にどれだけお金がかかるの?

60歳代の入院時の自己負担費用 ※1 ※2
平均 約21.7万円

60歳代の入院時の1日あたりの自己負担費用 ※1 ※2
平均 約15,700円

※1 平成28年度(公財)生命保険文化センター「生活保障に関する調査」※2 ・過去5年間に入院し、自己負担を支払った人をベースに集計。
・高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額。
・治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣類、日用品費などを含む。

組合員の加入状況について(平成30年度末(R1.6.30)現在)

  • 保障対象者数
  • 約39,500人
  • うち、配偶者数
  • 約14,200人

定年退職される方の加入例

本人コース
■退職者生命・医療共済 おすすめ口数:(死亡保障)1口、(入院保障2口) 55歳でⅠ-1Bプラン加入の場合
掛金 共済金
死亡 重度障害 入院
一括払い1,941,364円 100万円 100万円 3日以上入院
1日目から支払
10,000円/日
1回の入院で120日
通算して1,000日まで保障
本人・配偶者コース
■退職者生命・医療共済 おすすめ口数:(死亡保障)1口、(入院保障2口) 55歳でⅡ-1Bプラン加入の場合
掛金 共済金
死亡 重度障害 入院
一括払い3,520,623円 100万円 100万円 3日以上入院
1日目から支払
10,000円/日
1回の入院で120日
通算して1,000日まで保障
■退職火災・災害共済

【建物の保障】
構造区分:木造 100㎡の場合

掛金 加入口数 保障限度額
火災等 風水害等
年額6,000円 30口 1,500万円 180万円

【動産の保障】

掛金 共済金
動産
年額4,000円 20口 1,000万円

ご相談・お問い合わせ

03-3514-2241(代表)