組合への加入

利用分量割戻金

 毎年度の火災共済事業及び生命共済事業から生じた剰余金(一事業年度中の掛金等収入から共済金支払額、管理経費等を差し引いた残金)は、法定準備金等として繰り越す金額を控除した上で、「利用分量割戻金」として支払った共済掛金額等に応じてそれぞれの組合員に割り戻します。

 利用分量割戻金は、図のような順番で処理され、長期生命共済積立期間の掛金に振り替えられます。この掛金は利息を付して積み立てられ、組合を脱退する際にお返しします。また、退職後、長期生命共済保障期間へ移行される場合には、その掛金の一部に充当されます。

  • ① 長期生命共済災害死亡共済掛金等に60円を充当
  • ② 積立出資金が4,000円になるまで100円単位で振替
  • ③ 積立出資金が4,000円到達後は、長期生命共済掛金積立金に振替

*積立出資金等の明細は、毎年11月頃、「出資金等積立残高明細表」でお知らせしています。

ご相談・お問い合わせ

03-3514-2241(代表)