生命・医療共済

保険の見直しで家計の節約

死亡保障は、遺された家族が生活を維持するために必要な保障です。死亡保障の額は、一般的に家族の数に比例して増加し、マイホームの取得や子どもの成長・独立などライフステージが進むにつれて減少します。
そこで、ライフステージに応じて保険をこまめに見直し、「過剰な保障」を減らすことにより保険料を抑え家計の節約につなげることができます。

保険見直しのタイミングとポイント

ライフステージ 見直しのタイミング 見直しのポイント
家族形成期 結婚・出産 結婚や出産に伴う家族の増加に合わせて死亡保障を増額
家族成長期 マイホームの取得 住宅ローンに付帯する団体信用生命保険への加入に伴い死亡保障を減額
子どもの成長・独立 子どもの成長・独立に伴い、子供の生活費や教育資金に相当する死亡保障を減額
家族円熟期 退職 退職金が入るため死亡保障を減額

必要な死亡保障額の推移イメージ

 

ご相談・お問い合わせ

03-3514-2241(代表)