退職者生命・医療共済

退職者生命・医療共済

退職者生命・医療共済の特長

退職後も満80歳までの間の病気やケがによる入院保障(年齢による減額なし)、死亡保障及び重度障害保障が受けられます。

1 死亡(重度障害)、入院保障

80歳までの死亡(重度障害)と入院の保障が得られます。
死亡(重度障害)保障は、100万円300万円500万円から選択できます。
なお、いずれを選択した場合も、70歳からは一律100万円の保障となります。
入院保障は、1日5,000円又は10,000円の保障が満期まで変わらず続きます。
また、何回入院されても保障は変わりません。

2 配偶者の継続保障

不幸にして契約者が死亡された場合も、配偶者の保障は、希望により契約者の満期日まで継続されます。この場合、追加の掛金はありません。

3 簡便な共済金請求手続

契約者等が高齢となった場合も、容易に共済金の請求ができるよう、請求手続を簡単にしています。
また、親族等代理人による請求ができます。

4 保障期間への移行

退職時、生命共済に2年以上加入している場合、保障期間への移行に必要な健康告知を省略できます。
また、移行に必要な掛金は、退職時の一括払いで、現職時に積み立てられた火災・生命共済の割戻金等が差し引かれた金額となります。
※長期生命共済積立期間には火災・生命共済加入と同時に加入しているため、「保障期間への移行」という表現になっていますが、これは、他の保険等でいう「加入」と同じ意味になります。

5 剰余金の割戻し及び中途解約

剰余金は割り戻されて、毎年積み立てられます。この積立割戻金は中途解約時、満期時など共済契約が消滅したときにまとめて返戻されます。 また、中途解約はいつでも可能で、解約返戻金があります。

保障と安心のほか、資金が必要になったときにも有効です

保障の内容

保障は本人、配偶者とも同じです。

【入院共済金】病気・ケガで3日以上の治療入院をしたとき
  • 3日目から入院1日につき1口=5,000円 2口=10,000円
  • 1回の入院で120日通算1000日まで保障
【満期時】保障期間満了(80歳)のとき「長寿祝金」
  • 本人・配偶者コースの場合、それぞれに10万円(口数にかかわらず同額)
【死亡等共済金】病気・ケガで死亡・重度障害になったとき
契約口数 53歳~70歳※1 70歳※2~80歳※3
1口 100万円 一律
100万円
3口 300万円
5口 500万円
  • ※1:70歳の保障開始応当日前日までをいいます。
  • ※2:70歳の保障開始応当日からをいいます。
  • ※3:80歳の保障開始応当日前日までをいいます。
  • (注)保障開始応当日とは毎年の保障開始日に応当する日をいいます。

ご相談・お問い合わせ

03-3514-2241(代表)