組合からのお知らせ

共済事業が改定されました

共済事業が改定されました

基本保障の拡大生命・医療共済

生命共済(本人)の加入限度口数が3口から4口に拡大されました。
組合員の万が一への備えにより大きな安心をお届けします。

※左右にスクロールしてご確認いただけます。

現行の最大保障 改定後の最大保障
最大加入口数
3口
死亡(重度共済金)
1,500万円
最大加入口数
4口
死亡・重度共済金
2,000万円
入院共済金:1日
9,000円(上限162万円
入院共済金:1日
12,000円(上限216万円)
手術共済金
9万円(1入院で1回支払)
手術共済金
12万円(1入院で1回支払)

遺族組合員制度の創設火災・災害共済生命・医療共済

万が一、組合員が死亡した場合も、配偶者が遺族組合員として共済事業を利用できるようになります。遺された家族の保障の不安を解消します。

※左右にスクロールしてご確認いただけます。

現行の事業利用 改定後の事業利用
生命・医療共済 契約者が死亡した日の属する月の末日までの間、配偶者契約およびこども契約が有効 生命・医療共済
火災・災害共済
契約者が死亡した場合は、遺された配偶者が、遺族組合員として共済事業を利用可
※原契約者が53歳の年度末まで
火災・災害共済 契約者が死亡した場合は、相続人は当該事業年度に限り、共済契約の権利義務を継承可

私的な海外旅行での入院も保障生命・医療共済

入院保障の対象を拡大し、個人的な海外旅行先での医療負担にも備えます。

※左右にスクロールしてご確認いただけます。

現行の医療保障 改定後の医療保障
  • ①公的な海外赴任・海外出張での入院・手術は保障対象
  • ②私的な海外旅行などでの入院・手術は保障の対象外
  • ①公的な海外赴任・海外出張での入院・手術は保障対象
  • 私的な海外旅行等での入院・手術も保障の対象

早期退職組合員の共済事業利用火災・災害共済生命・医療共済

早期退職募集制度の施行により、定年前に退職した組合員も共済事業を利用できるようになります。

※左右にスクロールしてご確認いただけます。

現行の退職組合員資格 改定後の退職組合員資格
  • ■火災・災害共済事業利用の退職組合員
  • ・次の要件のいずれにも該当するもの
  • ア)職域に20年以上勤務して退職する者
  • イ)退職時に継続して3年共済事業を利用している者
  • ■火災・災害共済事業利用の退職組合員
  • ・次の要件のいずれにも該当するもの
  • ア)職域に14年以上勤務して退職する者
  • イ)退職時に継続して3年共済事業を利用している者
  • ■生命・医療共済事業利用の退職組合員
    退職時に生命共済事業を利用している早期退職募集制度による退職者および、
    長期生命共済据置期間の契約者

ご相談・お問い合わせ

03-3514-2241(代表)