火災・災害共済

退職火災・災害共済

退職時に次の条件を満たしている方は、退職組合員として退職火災・災害共済をご利用いただけ、現役時代と変わらない保障を終身利用できます。

退職火災・災害共済への移行条件

  • (1) 防衛省職域に14年以上勤務していること。
  • (2) 退職時に継続して3年共済事業(火災・災害共済又は生命・医療共済)を利用していること。
  • 保障内容:保障は現職中の組合員と同じです。
  • 掛金支払:「給与源泉控除」から「口座振替」による自動更新に変わります。
  • 出資金:現職時の出資金額が、そのまま退職組合員出資金へ振り替えられます。振替額が出資金合計の5,000円に満たない場合は、不足分を最初の口座振替時に納入していただきます。
  • 割戻金:発生した割戻金は、次年度火災共済掛金の一部に充当されます。
  • 退職火災・災害共済への移行手続き
①退職の20日前までに「脱退届」の記入・提出 提出
!必要書類:脱退届
②「退職火災共済申込書」の受領・記入 送付
③記入済みの「退職火災共済申込書」の送付 送付
!必要書類:退職組合員火災共済契約申込書
④「退職組合員証兼承諾書」の受領・保管 送付
  • 退職される20日前までに、地域担当者又は本部に「脱退届」を提出してください。
  • 「脱退届」の〈退職後の利用希望調査〉の欄に、退職火災・災害共済に加入する意思表示をしてください。
  • 本部から『退職組合員火災共済契約申込書』が送付されますので、所要事項を記入の上、本部に返送してください。
  • 後日、本部から『退職組合員火災共済契約承諾書』が送付されますので、大切に保管してください(口座振替完了後の7月に送付)。

ご相談・お問い合わせ

03-3514-2241(代表)